a304.jpg

カモ猟 3羽落とすも・・・

  • 狩猟

IMG_0327.JPG

朝、1時間一本勝負。つっても一日中暇なんだが(笑)

日の出とともに「パンッ、パン」

1羽目はコガモ、その後は大きいの2羽、15分位で3羽を対岸の藪に落とした。

探しているとコガモがヤブからバタバタ~、あ~あ半矢だったのか、、、落ち方は即死っぽく見えたんだが飛んでくとは。そしてヤブを探してると青首!!大鴨は1羽半矢かもしれないと思っていたが、やっぱり走って逃げたみたい。半矢にして申し訳ないm(__)m

散弾銃でカモ猟をやる以上絶対に半矢を出さないことは無理だろうが、極力減らすように技術は磨かないといけない。

んで、仕事場の爺さんが鍋食いたいというので下越から柏崎まで行き鴨鍋~
カモ料理は低温調理が一番美味しいと思っているので鍋にすることはまず無いのだが、今回食べてみたら意外と旨かった♪

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

2016年初猟!鴨猟

  • 狩猟

2016年11月15日

IMG_0322.JPG

今年も初猟!いつもは単独なんですか、今年は3人で行きました。鉄砲は二人でもう一人は猟やりたい料理人さん見学&カモ拾いに来てくれました。

まあ、もうひとりの相棒は一年目で緊張していたので初めはおらが撃つことに
時間が来て、カモが右往左往しているところに「ドンッドンッ」と1時間もしないうちに5羽落としました。撃って落ちていくときに「おっ、デカイ!!マガモとカルガモだな」と思っていたのですが実際回収したらコガモ4羽(1羽は半矢?で見つかりませんでした)
久しぶりだから感覚が変だったのかな~。。。コガモとマガモを間違うんだったら、白鳥と間違ってもおかしくないレベル

IMG_0324.JPG

相棒は緊張しててチャンスは何度もあったものの撃てず、、、横で声かけて一発撃ったんですが命中したものの致命傷にはならず飛んでいってしまいました。

まあ、ちょこっとやって4羽獲れたんだから少しずつだけで上達してるんだろうな。

鉄砲4年目で狩猟3年。

初猟は

1年目コガモ1羽

2年目カルガモ1羽とコガモ2羽

3年目コガモ4羽

 自然の恵みに感謝

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

skeet_fig001.gif

今回の記事はスキートをやったことがないとよくわからないでかもしれません。

私自身1,2,6,7番射台はよく当たるのに3,4,8番射台はほとんど当たらない。
なぜ、当たらないのか自分でもよくわからなかった。射撃場で会った上手な人にアドバイスをもらうと「4番はもっと先を撃たないといけない」とか言われたが、、、どの位先を撃てばいいのかよくわかんない。。。てか、なぜ先??

まあ、なんだかわからんがこれを「見越し距離」などと言うらしい。

で、Youtube見てたら上手に撮れてる動画があったので非常に勉強になりました。ただ、彼はリード射法ですのでスイングの人は追いかけ方を真似するのはX

やっぱ4番射台はおらよりももっと先を撃っている!

かなり参考になりましたm(__)m

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

DSC_0744.jpg

イノシシの舌って猟師でも意外と取らないで捨ててしまう人多いんだよな~

大抵は頭を切り離してそのままポイか、牙をとっても舌には興味なしで捨ててしまう。

でもね、実はイノシシの部位の中でもタンはトップクラスに美味しい!

作り方は簡単

タンをスライスして塩をして焼くだけ。

もうちょい手をかけるんであれば、スライスしたタンに塩麹を2時間くらいマリネしてから炭火で焼くとこれまた旨い!!

はっきり言ってスーパーで売っている豚タンと比べ物にならないほど美味しいですよ。

DSC_0745.jpg

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

猟期が終わり、雪下ろしも終わり、そして山菜のシーズンが来る!
春って特別な季節!冬は猟ができるので大好きなのだが、やっぱり緑がでてきて暖かくなるこの季節は幸せを感じられる。

一番初めはふきのとう。
12813947_974148009335158_4475257403305221918_n.jpg

12802869_974148032668489_5668429762515535000_n.jpg

苦味がたまらんね~
天ぷらはもちろん、蕗味噌や位冬に獲ったイノシシと合わせても最高なんです!

そしてそれからちょっとすると色々出てくる

12961747_1000386830044609_3317190297900239864_n.jpg

13244725_1036578649752393_4624470114190754665_n.jpg

山ウド
ウルイ
ののば
あずきな
ゼンマイ
ふきのとう
あさつき

13174053_1016684378414854_3793220240069307722_n.jpg

ネマガリダケ(山たけのこ)

 

おらが行くところは急斜面が多く、かなかんじきを履いてないと歩けないような危険なところ。

あれもこれもって山菜ばかり見ていて追っかけると、、、気がつくとびっくりするくらいやばいところにいて、後戻りできなくてまじで冷や汗をかいたとかもありました。夢中になりすぎると危険察知もできなくなってしまうほどアホなんです。。。

川口は豪雪地帯なのでアクや渋みも少なく美味しいと評判です。

今回はお客様からの注文も多くいただきました。

山の恵に感謝です。

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

うさぎ狩りイベント

  • 狩猟

P1300045.JPG

地元川口町でウサギ狩りのイベント
この地域では、冬のタンパク源として昔から食べられてきました。

実際に巻狩りで追い込んで鉄砲で撃つところを見るという、他ではまずやっていないイベントです!

東京の方から30人ちょっとが来て、その多くが若い女性。20代の方もいっぱい居ました。

当初は射手(タツマ)の後ろで見学ということだったんですが、多くの方が追っ子(勢子)と一緒に山に入りたいということだったので、追っ子の後ろに4人ずつついて歩きました。

おらも追っ子なので若い女性3人と男1人。当然東京の人は初めてカンジキを履いての山歩きなので、「うさぎいるよ~」っておらが言っても他の方々は山歩きに夢中でうさぎをなかなか目視できなかったみたい。。。途中でかんじきが脱げちゃう人も続出。。。

歩いているとフレッシュなカモシカの足跡!!

タツマがいる沢の方へ歩いて行くと崖でカモシカが右往左往(^O^)当然、天然記念物なんで撃つことは出来ません!

なんとか4羽獲ることが出来ました。

P1300043.JPG

その後は目の前で解体!

そういうのって女性は苦手な人が多いんですが、今回来た方は興味津々で見学されていました。

東京のスーパーではパック詰めされた肉にあまり命を感じられないのですが、こうやって目の前で命を奪うことでいろいろ考え深いものがあったようです。

私自身も狩猟をするようになって「頂きます」という言葉の意味が変わりました。

交流会では、うさぎまんま(うさぎの炊き込みご飯)やイノシシの料理やどぶろく、カジカ酒でどんちゃん騒ぎ!

おいしく頂きました♪

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

このページの上部へ

グループ猟について

グループでの大物猟に参加しています。しかし、他言無用という掟があるのでネットでの公開はもちろん出猟の有無すら一切公表しません。しかし、2016-2017からは罠猟に力を入れるのでそちらの方は公開します。

プロフィール

やんま

名前:やんま
生年月日:1976/8/10
出身:江戸の浅草
現住所:新潟県長岡市川口木沢
春は山菜、夏は釣り、秋はきのこと自然薯、冬は狩猟という食材ハンターを目指しています。現在、柏崎で閉鎖した米山きのこ園を復活させるプロジェクトもあります。

近所にはゲストハウス、近くに温泉。この地区のうさぎさんは美味しいらしく都内や名古屋など注文があります。
遊びに来てや~♪

山で取れた極上の食材も販売しています
山菜、キノコ、ジビエの「新潟山桜」
Facebookページ

愛銃:Beretta A304 ゴールドレーク

にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索

オススメ

狩猟関連の書籍
WS000002.JPG