イノシシ猟入門:エチケットと安全対策

スポンサーリンク

狩猟は深い知識と技術、そして一定の規範を必要とします。事故が起こる際は2つの失敗が重なることが多いです。適切なエチケットと安全対策を心得ておくことが必要です。

敬意を持って狩猟を行う

生き物を狩る行為は、その生命を奪う重大な行為です。そのため、目的が何であれ、獲物であるイノシシに対して敬意を持って接することが大切です。できるだけ無用な苦痛を与えずに努めたい。そのための射撃練習の訓練は行うこと。そして急所などを把握することが大事です。

法規制を遵守する

イノシシ猟は、狩猟法や銃砲刀剣類所持等取締法など、様々な法規制によって規制されています。違法な狩猟は厳しく罰せられるだけでなく、自然環境にも悪影響を与えます。現在は様々なところにカメラが設置されており、通りかかる自動車でも撮影されていることを肝に銘じてください。

銃の安全確認を徹底する

銃を扱う狩猟では、事故を防ぐために十分な安全対策が求められます。銃を装填するのは射撃する直前だけにします。不用意に弾を込めておくと、事故の原因となります。

銃には安全装置が付いていますが、それはあくまで予備的なものです。安全装置がかかっているからといって油断せず、常に適切な取り扱いを心掛けましょう。

狩猟場所の選定と通知

狩猟を行う場所を選定する際には、他の人々や住宅地への影響を考慮することが重要です。法律上狩猟が禁止されていない場所であっても地主から禁止を通達されることもあります。狩猟という行為を嫌う人は一定数おり通報されたりすることもある。狩猟を行う予定を事前に地域の自治体や猟友会に通知することで、誤解や事故を防ぐことができます。

狩猟後の清掃

狩猟後は、狩猟場所の周りをきれいに清掃することがマナーです。獲物の残骸やごみを適切に処理します。

ランキング参加中 クリックして頂けると喜びます!
yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

Youtubeチャンネル
YouTubeチャンネル

スポンサー
About

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください