イノシシの銃猟に必要な道具:完全ガイド

スポンサーリンク

イノシシ猟に必要な道具類を一覧にしてみました。

猟銃

最も重要な道具は、もちろん猟銃です。イノシシ猟には大型の動物を確実に獲るためのパワーが必要なため、ライフル銃や散弾銃がよく使用されます。使用する銃の種類は、狩猟の方法や規制によるため、どのような方法で狩猟を行うかによります。散弾銃だと自動銃を使うのが一番多いです。理由は巻狩り時に連射することが多いため有利になります。また、距離100mなど遠くのイノシシを一発必中で倒すようなスタイルであればボルト式やハーフライフルが適しています。

狩猟服

イノシシ猟に適した狩猟服はスタイルや地域によって異なります。多くの人が猟友会に所属しているので猟友会から支給されるベストを着用しています。

猟犬

伝統的な「犬を使った巻狩り」では、猟犬が重要な役割を果たします。特にイノシシを追跡し、位置を知らせる能力に優れた犬種が選ばれます。ただし、犬が絶対に必要というわけでもなく、どこかの猟隊に属すことになれば、そこで使われている犬がいることでしょう。

 ナイフ

ナイフは、獲物の解体や止め刺しで必ず必要です。鋼材、長さ、厚み、刃の付け方などナイフの世界は奥が深く何が良いということは一概に言えません。ただ、一般的にイノシシ猟に使うのなら15センチくらいのものが使いやすいと個人的には思っています。

通信機器とGPS

山中での狩猟では、事故や迷子を防ぐために通信機器とGPSは役立ちます。スマホなども予め地図をダウンロードしておけば電波のない場所でも現在地や地図を見ることができます。またGPSは、猟犬に取り付けてイノシシの追跡に使用することもあります。特に単独で山を入る人は山岳遭難捜索サービスのココヘリに加入することをおすすめします。

双眼鏡

イノシシを遠くから見つけたり、周囲の状況を確認したりするためには、双眼鏡が役立ちます。特に双眼鏡は、広範囲を見渡すことができるため、猟犬とイノシシの位置関係を把握するのに重宝します。

救急キット

万が一の事故や怪我に備えて、救急キットを持っていくことも重要です。人間だけでなく、犬用の救急品も含めておくと良いでしょう。

 ゲームバッグ

ゲームバッグは、獲物を運ぶためのバッグです。頑丈で大きさのあるものを選ぶと、イノシシのような大きな獲物も運びやすくなります。私は大型のビニール袋に入れて雪の上を引きずって運びます

ヘッドランプ

早朝や夕方、夜間の狩猟では、ヘッドランプは必須のアイテムです。また、もしも帰りの時間遅くなってしまった場合、山で日が暮れると何も見えなくなり身動きが取れなくなります。

サバイバルツール

万が一の事態に備えて、サバイバルツールも携行しておくと良いでしょう。火を起こしたり、シェルターを作ったりできるツールが含まれます。

ロープ

ロープは必須アイテムです。イノシシを引き出したり、引っ張ったりします。また、車がスタックしたときにも使うことがあります。

モバイルバッテリー

GPSやスマートフォン、ヘッドランプなど、電子機器の電源としてモバイルバッテリーは有効です。長時間の狩猟では特に必要です。

自分でイノシシを運ばないといけない場合は車は必須です。例えば、普通の普段使いの乗用車では乗せる場所が限られます。血液などの汚れもあり、ダニなどの寄生虫のリスクもあります。おすすめは軽トラックで、広い荷台にたくさん荷物が積めて汚れたら簡単に洗い流せます。


スタイルによって他にもあるかと思います。これらの道具はイノシシ猟をより効果的かつ安全に進めるために有効です。しかし、すべてを持ち歩く必要はなく、状況や目的によって適切な装備を選ぶことが重要です

ランキング参加中 クリックして頂けると喜びます!
yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

Youtubeチャンネル
YouTubeチャンネル

スポンサー
About

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください