ヒヨドリのソテー ママレードソース

初めてのヒヨドリ料理。非常に美味しいと評判の鳥です。

料理するのも楽しみ!

散弾銃で捕ったものなので傷んだ部分は取り除きました。なので、モモ肉とか取っ払ったのも有ります。

20150112175521.jpg

材料

  • ヒヨドリ 3羽
  • 醤油
  • マーマレードジャム
  • バルサミコ
  • 日本酒
  • バター

魚焼きグリルとかで焼こうか悩んだですが、今回はフライパンで料理することにしました。

  1. ヒヨドリを半分にはさみでチョキチョキ。塩、胡椒で下味をつけます。
  2. フライパンに多めのオリーブオイルを入れて皮目から焼き、上から油をかけながら焼いていきます。いい感じになったらひっくり返して同じように焼く。ミディアム・レアくらいがお勧めです。
  3. 焼きあがったら取り出しておく。フライパンの油を捨ててバルサミコを少量入れて旨味をこそげ落とす。煮詰まったら、日本酒を入れてアルコールを飛ばしたら醤油とマーマレードを入れる。味見をしていい感じならバターを入れて仕上げます。

初めての試食。骨をしゃぶりながら食べました(^O^)

う~~ん、ちょっとレバーっぽいな。捕ってすぐに首を切って血抜きをしたがほとんど血が出なかったのが問題だったのかな。いや、でも多くの人は血抜きをしていないからその可能性は低い。内蔵を抜いてすぐに雪を詰めて冷やした。これがいけないのかな??

捕ってすぐ冷やすということは完璧にしたんだけどな~

でも、決してまずかったわけじゃないですよ!評判がすごく良かったので期待しすぎたのかもしれません。

今回、骨付きのまま焼いたのだけど、あまり味が入らない。なので、1時間以上マリネするとか照り焼きなどの調理法がいいかも。ハーブを使うならおらの大好きなタイムが合うかな。

もうこの料理は作らないだろうけど、同じ材料で照り焼きにしたらもっと美味しいと思う。

アラジンの料理

ネットでヒヨドリの料理を検索していたら、ジビエ料理で有名な「アラジン」のヒヨドリ料理が出てきた。横に長いのがあるのは首づるから食道かな?それくらいしか考えられない。そんなとこも食べるなんて知らなかった。それに見てみると脳みそまで食べるんだね。おらは頭を捨ててしまった。もったいない!次からは食べてみようよと思います。トリュフオイル買おうかな(^O^)

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

About

No Comments

Leave a Comment