イノシシのモモ1本で餃子 レシピ

ビールとイノシシ餃子はもはや麻薬、やみつきになる!

やや小さめのイノシシのモモ肉があったので餃子を作ることにしました。特に前足は柔らかいところが少ないけど旨味のあるお肉なのでひき肉にするのはおすすめです。

それと、繁殖期のオスの臭いのする肉だったら豚肉と1:1にして混ぜると美味しいです。

レシピ

  • イノシシモモ肉(どこの部位でも)
  • キャベツ
  • ニラ
  • 干し椎茸
  • 生姜(すりおろし)
  • にんにく(すりおろし)
  • 醤油
  • オイスターソース
  • ごま油(ラード)
  • 餃子の皮

作り方

1.干し椎茸は前日に冷蔵庫に入れ戻して細かく切っておく(なくてもOK)

2.キャベツを細く切り、軽く塩をしてしんなりさせます

3.ニラをみじん切り。にんにく、生姜をすりおろす

4.肉の筋を掃除しフードプロセッサーやミンサーなどでひき肉にします。包丁で叩いてもOK

5. 2のキャベツの水分を絞ります

6. 1,3,4,5(これまで全部)をボールに入れ塩、醤油、オイスターソース、ごま油を入れて粘りが出るまで手早く混ぜ合わせます。

7.餃子の皮のくっつけるところに水を塗り、餃子の餡を包んでいきます。

8.フライパンを中火で熱し、油を敷き餃子を並べていきます。お湯を回しかけて蓋をして弱火で5分蒸し焼きにします。

9.蓋を取り水分が多いときには捨てるか、キッチンペーパーで吸い取る。水分がなくなってきて、チリチリと音がしてきたら脂を回しかけて焦げ目がついたら出来上がり

もうね、イノシシの濃厚な旨味と香りに干し椎茸やにんにく、野菜の旨みがプラスされて、やばいくらい美味しいです。

今回、餃子の種にごま油を入れたのはモモ肉に脂っけがまったくなかったためコクとぱさつきをなくすのに入れました。ラードでもいいと思います。もし、バラやロースなど脂が多い部位で作るときには入れなくていいです。

それとくっつかないフライパンがおすすめ。うちの使い込んだテフロンはだいぶくっつくようになってきて、破けてしまいました。

ランキング参加中 クリックして頂けると喜びます!
yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
About

No Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください