youtube動画を何本か作成して気がついたこと

スポンサーリンク

動画を作成してみた。自分と似たコンテンツのユーチューバーを見るといろいろと気がつく。
そしてあることを思い出した。

昔、上岡龍太郎さんが芸人論を語っていた。
彼はテレビがない時代にデビューし舞台からテレビに移行したそうだ。

その時におっしゃっていたのが、テレビは「素人芸」。素人っぽく喋べることでリアリティをだす。その真骨頂が明石家さんまであり鶴瓶なのだという。youtubeもまさにそうだ。

細かい話は割愛するが、例えば私が山菜採りを撮影してもそこら辺にたくさんの山菜が出ていても、いつもこうなので普通だ。いつも通り当たり前なのだから大したリアクションもとらない。しかし、登録者数が多いユーチューバーの動画を見ると、私からしたら全く驚かないサイズのウドでもすごくリアクションをとっている。

多分この方だって何度も山菜採りや頂くこともあるのだろうから、この程度のウドは何回も見たことあるはずだ。それを、初めてかのようなリアクションを取っている。勉強になるわ。

羞恥心を捨てなければ

知り合いやその道のプロに見られたら、恥ずかしいという気持ちがある。

お前そのくらいのことでなに興奮してんだよと言われるのではないだろうかと

そういう気持ちがよぎる。

でもプロに観てもらうために作っているわけじゃないんだから視聴者目線を考えればやはりプロっぽく当たり前のようなリアクションより、嬉しそうに騒ぐくらいのほうが観ていて面白いだろう。

俺は色々得意なことはあるけど素人ではないけどプロじゃないし・・・いわば中途半端。そういうのが一番嫌われるよね。だったら素人ぽさがあってリアクション取れるほうがいいのではないだろうか。

ランキング参加中 クリックして頂けると喜びます!
yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

Youtubeチャンネル
YouTubeチャンネル

スポンサー
About

No Comments

Leave a Comment