鶏の手羽先のシチュー

DSC_0072_r.jpg

今日の晩飯です。

射撃場行く前に1時間位煮込んでおいて、帰ってから仕上げました。

この料理は別に手羽の必要なわけでなく、ジビエであってもどんな料理にも会うと思います。

シチューの材料

  • 手羽先 300gくらい(実際見た目で買ったので何グラムか知らない)
  • 塩麹
  • ニンジン中1本 乱切り
  • 玉ねぎ1個 薄切り
  • ローリエ1枚
  • 赤ワイン 150ccくらい?
  • トマト缶 半分
  • ローリエ
  • ニンニク 1片
  • 小麦粉 適量
  • 今回足したのは、熟成バナナと鶏の顆粒ダシ
  • 塩、胡椒
  • バター

付け合せ

  • じゃがいも 2個
  • 牛乳 適量
  • バター
  • チーズ お好みで
  • 塩、胡椒
  • さやえんどう

いつも分量が適量ですいません。測ったことがないんです。

まず、手羽先を塩麹でマリネして旨味を増加させます。正直この工程はしなくても問題ありません。

フライパン薄く油を引き、手羽先や野菜を香ばしく焼き色が付いたら鍋に移す。肉と野菜を一緒に炒めると時間がかかるので別々にやった方がいい。野菜を炒めてる時に小麦粉を入れて一緒に炒めます。そうすることでとろみの元になるんです。焼き終わったフライパンには旨味があるので、赤ワインを入れて旨味をこそげ落とします。もう洗う必要がないんじゃない!?ってくらいまでヘラでこすればOK(笑)。その赤ワインも鍋に移します。

鍋に水をひたひたになるまで入れて、手で潰したトマト缶、ローリエ、ニンニクを加え煮立たせます。初めのうちはアクが出るので丁寧に取り除きます。これ結構面倒だけどがんばってね(*^_^*)

今回は1時間半位煮たところで味見をしたら甘みやコクが足らなかったので、はちみつを入れようかな~?それともこないだ使ったブルーベリージャム?、、、いや!!こんなところにこんなものが

DSC_0070_r.jpg

真っ黒くろすけのバナナちゃん。

こいつを叩いてでコクと甘みをたすことに成功。でも、ちょっと旨味が足らないかな~と感じたので、鶏の顆粒ダシを追加。この辺りは味見して必要であれば足してください。

そしたら、付け合せの用意。マッシュポテトね。今回は芽が出まくったやつが家にあったので(^^)

DSC_0071_r.jpg

じゃがいもを鍋で茹でます。芋の種類や大きさによって湯で時間は変わるけど、だいたい12分位。出来上がるちょっと前にさやえんどうにさっと火を通しました。そしたら、すり鉢でもいいし、フードプロセッサーなら簡単かな。家はフードプロセッサーあるのに出すのが面倒ですり鉢でやったけど、あとで後悔(^_^;)

バター、牛乳、チーズ、塩コショウを加えて練ったらシチューの皿に移します。さやえんどうも適当に放り投げます!!

シチューを塩、胡椒で味を整えたらバターを入れたら完成。

ワタシ的には普通に美味しかったのですが、親父はマッシュポテトとシチューの組み合わせがたまらないと言って頂きました。あんな芽がたくさん出ているポテトでもイケるのですね(内緒)(*^_^*)

この料理はジビエでもOK!赤ワイン煮してもいいんですが、そうするとちょっと重たいので、今回は水を加えました。

編集後記

今日も新津クレー射撃場に行ってきました。フィールドのスキート(20回中)2回やって7枚と4枚・・・

2回目は自画撮りして自分で意識しすぎた(アホ)

頬付けの練習を家でやらなくてわ(^_^;)

やっぱり撃つたびに場所が違ったら当たるわけ無いですからね。

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

About

No Comments

Leave a Comment