走っている獲物はどのくらい先を狙って撃てば良いのか?弾道

スポンサーリンク

海外のユーチューブでは遠い鉄板の的に撃つ動画が多い。

そこで気づいたのだが、発射してから鉄板に「コンッ」と当たるまで想像以上にタイムラグがある。感覚的には1秒位に感じた。

なので50m先で全速力で走っているイノシシやシカのバイタルを狙って撃っても当たらないに決まってる。もっと先を撃たなければならないが一体どのくらい先なのか?ざっくりとした計算をしてみた。間違ってたらごめんね(笑)

獲物が一秒間に進む距離

  • 時速10キロ 2.78m
  • 時速30キロ 8.33m
  • 時速40キロ 11.11m
  • 時速50キロ 13.89m
  • 時速60キロ 16.67m

弾速

弾の火薬量など種類によって弾速は違うが今回は一般的?というか調べたら出てきたやつで計算。

  • ライフルドスラッグ :470m/s(1542FPS)

計算

  • イノシシ 50キロ
  • 鹿 60キロ

うちの犬が最高速で40キロくらい。イノシシに追いつかないのはやっぱり50キロ近く出てるんだろうな。

  • スラッグで0.1秒で47mの距離だ。約50m
  • 弾が到達する0.1秒の間に時速50キロで走っている獲物は約1.4m進む。
  • つまり50m先の獲物が50キロで走っていた場合1.4m先を撃たないと当たらない
  • 100mなら倍の2.8mだが空気抵抗を考えて3m先か?

ライフル308だと弾速が約1.8倍なので0.06秒で50mに到達

  • 50m先の獲物が50キロで走っていたら約84センチ先を撃たなければならない
  • 100mなら1.8m先

距離が長くなるほど空気抵抗で弾速は低下することも考慮しなければならんね。走っている獲物は2m先を撃つと聞いたことがあったが、あながち間違ってないみたいだ。

走っている獲物を撃つときは距離30m付近が多いので1m弱先を撃てば良い計算となる。

新雪でラッセルのときのイノ鹿は時速10キロくらい?かな、遅いときはおらが走って追いつく(笑)それでも30センチ先を撃たないと心臓を撃ち抜けないのか。

精密スキート

動いている的の1mちょっと先を撃つってスキート射撃やん♪と思ってしまった。でもスキートはざっくりでも当たるっちゃ当たる。スラッグやライフルは一発なのでしっかり狙わないと当たらんけど、スキートの技術が役立ちそうだ。

時速から秒速の計算方法

計算しててわかったこと

時速 × 3.6 = 秒速・メートル

fps(秒速フィート) × 0.3048 =秒速・メートル

ランキング参加中 クリックして頂けると喜びます!
yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

Youtubeチャンネル
YouTubeチャンネル

スポンサー
About

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください