ナイフを研ぎに出したらエッジが無くなった

自分の愛用ナイフはモーラナイフ748MG
用途は止め刺しと解体。

ステンレスは錆びないので横着な自分にはピッタリ。まあ、多くて一度の猟でイノシシ2頭なのでこのナイフでも大丈夫だ。それに解体のメインに使うのはカッターだ。切れなくなったら刃を折るだけで切れ味が戻るなんてすごい!

使うたびにナイフを研ぐのだが、何度もやっていると感覚的な問題だがバランスが悪くなったように思う。なので一年に一度包丁やナイフをプロの研ぎに出す。

で、今回このナイフを出した時にお店の人に「これ落としたほうが切れるから、落とすぞ!」と言われた。なに言っているのかよく判らなかったが、切れるようになるんならと二つ返事でOKした。

で戻ってきたのが

なんていうんだっけ?ベベル?
要するに厚みが薄くなり上から下までフラットのナイフになった。モーラの刻印も消えているので全体的に研いだのでしょう。

切れ味は良い

なのでOKです。
ただ薄くなったので、骨の関節などにはを入れるときなど力を入れる作業をするときは折らないように気をつけなくてはです。まあ、このナイフでキャンプで薪を割るようなハードな使い方はしないので大丈夫だと思う。

created by Rinker
Morakniv(モーラナイフ)
¥3,410 (2022/01/29 10:51:23時点 Amazon調べ-詳細)
ランキング参加中 クリックして頂けると喜びます!
yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
About

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください