鴨との距離

ここ最近、近所の信濃川に散歩に行きます。

DSC_0099.jpg

ここはいつも鴨さんが居て、岸に近いところに浮いてるか、陸に上がっている時もあります。コガモ、真鴨、カルガモです。まあ、真鴨は少ないけど、カルなんかと一緒に居ることが多いですね。

そこで、相手が気づいていてどのくらい近づけるのか?っていう遊びを1人でやっています(笑)

誰かから、動物は目を見ているから殺気立っていると逃げられるからダメだと言われましたが、それはあまり関係がないように思います。

エロイこと考えながらニヤニヤして近づいたり、目を細めて近づいたり、無の状態で近づいたりといろいろ試してみるんですけど、何をしても同じ距離で鴨は逃げてしまいます。

でも、わかったのは鴨の種類によって警戒心が違うんですね。

マガモ>カルガモ>コガモ

ですね。

目測ですが、30~35mくらいまではゆっくり歩けば近寄れます。そして、30m位になるとまずカルガモと一緒にいるマガモだけ飛び立って逃げてしまいます。それから2,3m近寄るとカルガモも逃げてしまいます。

一番警戒心がないのがコガモ。15mくらいまで平気で近寄れます。近寄ってもあまり飛び立つことは少なく、すーーとゆっくり泳いで離れていく感じです。これだったらへなちょこな俺でも弾が当たるかもって感じです。

でも、人気のない池とかだったら30m近づけるかはわかりませんね。

やっぱり、いかに見つからないように近づけるかがポイントなんでしょうね!

観察し終わった最後はカモさんを走って追っかけると、「グッワッ、グッワッ」と言ってみんなが飛び立っていく姿を見てニヤついている俺は、回りから見たら完全に変質者ですね(^_^;)

 yazirushi.jpg      yazirushi.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

About

2 Comments

  • kent 2014-03-08 at 10:41 Reply

    猟期に入った途端警戒心前回になります。 対象ゲームになるのでストレスがだんだんたまり、車を見た途端、停車、窓を開けるなどで飛び立つようになります。

  • やんま 2014-03-08 at 11:29 Reply

    そうですよね。
    撃たれれば撃たれるほど警戒するんでしょうね。
    禁猟区だと近寄ってくるんですから、本当に奴らは頭が良いですね。

Leave a Comment